FC2ブログ

記事一覧

観光日本語(第2課)授業報告の話

昨日は
大学4年生の女の子を
泣かしてしまいました

サラサラのストレートヘアがおしりまである
かわいい学生です
いつも一生懸命に授業を受けています
いつも手抜きせず大きい声で
発話の練習をする学生です
男の先生だったら
どうして?ごめんね・・ごめんね・・
と、オロオロ?したかもしれません(笑)

金曜日
「観光日本語」の2組の授業の時のことです
その日は、第2課の暗唱テストの日でした
全員の前で、
p6 *覚えよう*
の①~⑫まで言わなければなりません
合格は、9/12です
3個失敗したら、アウトです
後日、職員室に来て
再テストを受けなければなりません

金曜日は
水曜日まで5連休だったため
学生も教師も
まだ「休みボケ」していました
そんな時にテストだったため
非常に合格者が少なかったです
第1課の暗唱テストでは
不合格者は1人だけでした
第2課では7人不合格でした
16人中、7人です。
欠席1人
合格率50%でした

泣きだした彼女は
最初から半分くらいのところまでは
すらすら言えました
ところが
途中でつかえたとたん
パニクったようです
しくしく、べそをかき始めました

泣いてもダメ!
続けなさい!

言葉ではなく
目力?で促しましたが
泣きじゃくります
すぐに友達が助けに来て
彼女を席につれていきました

どうやら
連休中
彼女は病気だったようです
だから勉強不足だったのでしょう
最初から自信がなく
気弱になっているところ
みんなの前で緊張し
泣きだしてしまったようです

この「観光日本語」のテキストは
彼女たちと会う前に
彼女たちの実力を知らないときに
作ったテキストです

作った時は
第1課は簡単すぎると思いました
ただ、最初の授業なので
自己紹介をして、授業開きをすると考えると
簡単すぎるくらいがちょうどいいかな・・
と思いました
だから
第2課は第1課と比べると
難しくなっています
つまり
暗唱テストの難易度が
第1課と比べ、高くなっていたのです

でも、今では
彼女たちには第1課くらいの難易度のほうが
よかったかな、と思い始めました・・
というのは
作った時は
それぞれの課を
連続3コマの1回(1日分)の授業で終わらせるつもりで
作りました
でも
1課が3コマでは終わりません
結局
1課終わるのに
テストも含め、2回6コマかけています

私の授業は
聴解・会話の練習に力を入れています
日本語として変な発音は
しつこく注意します
まず全員で練習し
次にひとりひとりにあてて
言わせます
全員で練習するときは
手抜きして声を出さないこともできるのですが
泣きだした彼女は
全員練習の時も
大きい声で練習します
だから
授業のおしまいごろは
「先生・・疲れました・・のどが痛いです」
と、へばったこともありました
そんな彼女なので
自分が思うようにうまくできなくて
悔しかったのかもしれません

しかし・・
久しぶりに教え子を泣かしました
中学生は
特に1年生くらいだと小学生みたいで
少しきつく言うと泣き出します
そんな時は
泣いてもダメ!
勝手に泣いていなさい!
と、放っておきます

私は彼女はすぐ泣く学生かと思いました
職員室に戻った時
N先生に話したところ
「彼女が泣くなんて・・見たことありません。
いつもニコニコしています・・」
と言うのです
・・マズイ・・
少し冷たすぎたかしら?


注:これから先は、業界外の方はつまらないのでご遠慮ください。

第2課の授業の進め方

P5 *新しい言葉*について
①ようこそ
 タイ人は長音が苦手です
 「よこそ」になります
 でも、お客を迎える大切な言葉なので「よこそ」はテストNGです
 *代入練習
 「ようこそ(  )にいらっしゃいました」の形で練習
 タイ・バンコク・アユタヤ・○○ホテル 等を入れて代入練習
 最初は全員練習、次に個人全員にあてる

⑦首都
 タイ人は「しゅ」と「ちゅ」の区別ができません
 でも「ちゅと」はへんです
 「ちゅと、は赤ちゃんの言葉です。みなさんは大人です」と、これもテストNG

⑬仏教
 タイ人は拗音が苦手です
 「ぶっきよう」になります
 *練習方法
 「きょ・きょ・きょ」
 「きょう・きょう・きょう」
 「きょ・きょう」
拗音が出てくると、このパターンでしつこく練習します
拗音の練習が始まると、笑いが起こると同時に
空気が緊張します
この練習は、私も非常に疲れます
腹筋を使います。
姿勢が悪いと難しいので
姿勢の悪い学生には注意します
私のおなかを指先で鋭くたたき、
おなかに力をいれなさい、というジェスチャーをします

⑯見学
 タイ人は濁音も苦手のようです
 「けんかく」になります
 これでは日本人に通じないので、テストNG

P6 *言おう*について
テキストには代入は4つしかありませんが、それぞれ他の代入の言葉も用意して全体練習、個人練習と両方しました

P7 *言おう*(3)
③キャッチセールスの説明は小芝居をしました

みなさん、道を歩いています。
すみませーん。すみませーん。
これ(B10の袋をみせる)タイシルクです。
1000バーツです。
(学生から、10バーツ、というささやきが聞こえます)
でも、今日は特別に500バーツです。
あなたにだけです。
買いませんか。安いです。
これがキャッチセールスです。

まじめな学生が
「キャッチセールス」を辞書で引いていました
「辞書にはありません」
「でも、日本人に言います。気をつけてください。言います。言われると日本人はうれしいです。」

P6 *考えよう*
8人の学生に前に出てこさせて、ホワイトボードに書かせました。

P6 *覚えよう*
次回の暗唱テストの練習をしました。
つまり、テストの予行練習です。
テストの順番も発表します
第1課で、テストを受ける順番が1番、2番だった学生は、順番が最後になります。
次回のテストで1番~5番くらいの学生が前に出てきて模擬テストを受けます。
もちろんこの日は、テキストを見ながら、です
ホワイトボードに①~⑫を書いておいて
それぞれの学生の模擬テスト中に
①○ ②○ ③×・・と書いていきます
他の学生に評価基準がわかるように、です
で、終わった時
「あなたは、③と⑦が言えません。10/12点です。合格です。」
と言います。
テストの練習で不合格になったらかわいそうなので、不合格にならないように点数をつけるのに気をつかいます
5人くらいの練習が終わった時、
「練習をしたい人、いますか」と全員に声をかけます。
練習したい人がいたら、練習させてあげます。

最後に全員で練習しました
まず、1人ずつ1行ずつ言います。
次に全員で、声をそろえて言います
私が、さっきホワイトボードにかいた①②③・・を順に指していき、
客の佐藤さん役は、私が言います。


p4


p5


p6


関連記事

コメント

No title

教案は、テキストにメモ書きです。*言おう*は代入練習で、代入の言葉をたくさん考えていき、全員にあてます。当てる時、できる学生とできない学生で単語の難易度を変えています。だから、できる学生も、当たった時、思わず苦笑いです。日本語を聞いたり話したりする機会の少ない地域なので、とにかく声を出させています。

No title

みんなの日本語などを使ってやるのは、やりやすいんですが、このような特殊な勉強は大変ですね。教案を作るのも難しいんじゃないですか?

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

プロフィール

のりちゃん

Author:のりちゃん
Yahoo!ブログから引っ越してきました

アルバム

のりちゃんブログランキング

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

カテゴリ

カレンダー

11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -