FC2ブログ

記事一覧

たまにジュゴンがやってくるMantanani島

ボルネオ島の
コタキナバルから北に車で1時間
ボートで1時間の場所に
Mantanani島というマレーシアの島があります
 

がコタキナバル
 
ボルネオ島の北部
ブルネイのまわりの
サバ(SABAH)とサラワクがマレーシアです
 
 

マレーシアのサバ(SABAH)の
コタキナバル(Kota Kinabalu)の北に
Mantanani島はあります
普通は地図に載っていない島です
 
行くときは
定期船がない島なので
コタキナバルからツアーで行きます
 
ツアーを予約すると
朝、ホテルまで迎えに来てくれます
それから大型バスでJettyまで行き
ボートで島まで連れて行ってくれます
 
滞在費やダイビング料金も
ツアー代金に含まれていて
最初に支払ったツアー代金以外
お金はかかりません
(缶ビール、缶ジュースは別料金)
 
私のツアー代金は
4泊(1日3食付)
6DIVEで
1280リンギット
=38400円くらい
(2010年9月)
 
 
 

ジュゴン(Photo:DIVING SHOPのパンフレットより)
 
人魚伝説のモデルになったといわれているジュゴン
体長3m
体重450キロ
 
 
Mantanani島は
1年に数回
ジュゴンが見られる海域です
 
 

。。。そういえば
鳥羽水族館に
フィリピンからもらった?ジュゴンがいますよね
ボルネオ島とフィリピンは
海つながりで隣?ですから
フィリピンのジュゴンがやってきているのかもしれません(笑)
 
人も
フィリピンからの出稼ぎの人
多いですから(笑)
 
 
 
ただ・・・ホントに
ジュゴンを見るのは
1年に数回らしくて・・・
 
コタキナバルの
何軒かのダイビングショップに聞いてまわった?ところ
あるショップは4月に見たといい
別のショップは7月に見たといい
その年の9月時点で
各ショップ1回でしたね(笑)
 
だから
まあ
ジュゴンを見たいと思っていくのはどうか・・・という場所です
 
ただ
あれだけ大型の生き物が
やってくる海というのは
食べ物が豊富ということで・・・
海はいいだろうなあ
と思って
Mantanani島に
行ってみることにしました
 
 
 
 

Mantanani Besar島
宿泊できる島です
 
Besar(ブサール)は、マレー語で大きいという意味です
英語表記だと、
Big  Island
と書いてあるものもあります
 
島が群島になっている場合
大きい島をBesar(ブサール)
小さい島をKecil(クチール)
と呼ぶことが多いので
マレーシアでは
ブサール島
クチール島
という名前の島は多いです
(日本の大島と同じかな?)
 
 

Mantanani Kecil島とDiving Lodge
 
 
ボルネオ島は水上集落が多いせいか
ダイビング施設も
水上施設
が多いです
 
海の上に器材置き場があるわけですから
ダイバーにとって
こんなに都合のよい施設
はありません

 
 
 

Diving Lodge
 
ボートでDiving Lodgeに到着します
 
 

Diving Lodgeは
海の上の建物ですから
トーゼン土地はありません(笑)
 
ボートが到着すると
建物全体が揺れます(笑)
 
 
Mantananiツアーは
朝、Diving Lodgeに到着したら
器材を準備して1本潜ります
1DIVE後、ここでバイキング昼食
昼食後2本目を潜って
そのあとは
泊まる人は、宿泊場所のあるブサール島へ
帰る人は、町まで送ってくれます
 
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

プロフィール

のりちゃん

Author:のりちゃん
Yahoo!ブログから引っ越してきました

アルバム

のりちゃんブログランキング

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

カテゴリ

カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31