FC2ブログ

記事一覧

先生に感謝する日の話

学校というところは
儀式が多いところです
日本の大学は入学式と卒業式くらいですが
タイの大学では
中学校なみに儀式があります

今日は
「先生に感謝する日」でした
朝から
「先生に感謝する会」が
大ホールで行われました

午前中は新入生や他の学部の
「先生に感謝する会」が行われたようです

私たち日本語学科が所属する
人文社会科学学部の会は
午後12:30からでした

今朝、出勤簿にサインをしたあと
学部長に呼び止められました
(学部長はかなり偉い人です)
で、
12時半から出席をするよう
直直、ご招待がありました

実は、おととい
今日の「会」のことを
日本語学科の先生から聞きました
そして、昨日
浴衣を着てほしい旨が
伝わってきたのですが
日本人は誰も浴衣を持っていません
(そりゃあ、そうでしょう・・)
伝えた先生も
7年も日本に留学していて
よく日本事情を知っている先生だったので
「・・と言われましたが、ムリですよね・・」
という伝え方でした

まあ
そんなことからも
かなり儀式、儀式した会だということが
想像できました
だから
服装はきちんとしたものでなければいけません

私は
タイシルクの民族衣装のロングスカートをはくことにしました
やっぱり、一着民族衣装を持っていると便利です
もちろん日本の着物が一番いいのでしょうが
着物は、着るのも、片付けも、保管も大変ですから・・

12時すぎに
タイのスカートにはきかえて
以前も新入生を歓迎する会が行われた
大ホールに行きました

先生たちはステージの真ん中に
座ります
ステージの端には
日本ならブラスバンド部がいるような感じで
民族楽器を演奏する集団がいました

うしろが演奏者
前に置いてある花は
先生に贈るための
学生が作った花です


演奏していた楽器は、こんな楽器です





この学部の学生は3000人くらいだそうです
1列が100人くらいなので
3000人くらいいます



「先生に感謝する会」が始まりました

学生が自分たちが作った花をかかえて
ステージにあがってきます

先生の前で
ひざまずき、正座、横座り、
そしてひれ伏します


先生に花を渡します
写っている男子学生は4年生です
今年、私が教えている学生です


先生は花を受け取ります
大きいです


そして学生は先生に合掌します

この花は学生が何時間もかけて作ったようです
近くで見ると小さな花1つ1つを
ピンでとめてあります
作るのに、2日かかったという花もありました



花のコンクールがあるそうです
「美しさ」と「創造性」の二部門で競うそうです
関連記事

コメント

No title

素早いコメント、ありがとうございます。
花は個人ではもらえなかったけれど、日本語学科では全員の先生にスリッパを配っていました。花は職員室に4つか5つ持ってきました。なぜか、花の中にキャベツ?が混ざっていて、「これ、何?」と聞くと「食べられます」とのことでした。(手抜き?)

No title

タイらしい儀式だね(^-^)

のりちゃんも花をもらったのかな。

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

プロフィール

のりちゃん

Author:のりちゃん
Yahoo!ブログから引っ越してきました

アルバム

のりちゃんブログランキング

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

カテゴリ

カレンダー

09 | 2021/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -