FC2ブログ

記事一覧

「観光日本語」のシラバスの話

今日のブログは、少し硬い、まじめな内容です。
つまらないので、業界外の方は、ご遠慮ください。

6月10日
今日は、初・授業でした
私が担当するのは、「観光日本語」という教科で4年生2クラスです
大学の授業は1コマ50分授業です
この「観光日本語」は、3コマ連続授業になります
1回が「3コマ連続の授業」を、全16回行います。
前期で終了します

4年生は、後期は「職業訓練」としていろんな企業や学校に行きます。
大学には登校しません

最初の授業で、シラバス(講義実施要項)を配り、授業内容や授業の仕方、成績の付け方などを説明します。

私の授業のシラバスは、次のような内容です。
このあとに、実際に大学に提出したものを、載せておきます。
私は英語ができないので、前任者やk先生のシラバスの英文をパクリました。
不適切な表現が気になった方は、ご指導ください。
来年の参考にさせていただきます
最初の授業で、シラバス(講義実施要項)を配り、授業内容や授業の仕方、成績の付け方などを説明します。

タイの大学なので・・見出しは、当然タイ語です。(まだ、読めません・・)
「タイ語の見出し」からあとが、大学に提出し、学生に配布した「シラバス」になります。
学生に配布したものなので、隠す必要ないかと思いましたが、どんなクレームがあるかわからないので、一応、数値等は修正しました

Course Description(コース説明)
 ガイドとして、日本人旅行者を案内する日本語を勉強する
  空港・ホテル・観光地・両替・土産物屋などの案内をする
Objectives(達成目標)
1、観光地の説明ができる
2、Job Training の知識を得る
3、日本と比較したタイの文化、習慣を説明できる
4、流暢な日本語を話すことができる
Contents(内容)
 ・教科書にそった学習
 ・ガイドをするときに使う敬語の学習
Tentative Schedule (学習計画)
 シラバス参照 
Teaching Materials (教科書)
「観光日本語 1」
注1:昨年まで使用していたテキストは、ホテル業に関するものが多く、同じ学生が「ホテル業日本語」という教科も受けるため、ホテル業に関する「課」は、他のものと差し替えをした。
注2:昨年まで使用していたテキストは、日本人が行かない観光地の案内をしていたので、観光地をバンコクに差し替えた。
注3:テキスト作成にあたって、「マダガスカル人日本語ガイドのための『観光日本語』シラバス作成」を参考にした。
   これには、日本語ガイドへのアンケート調査がのっており、大変参考になった。
Evaluation (評価) 
中間テスト・期末テスト・宿題・プレゼンテーションなどがどのくらいの割合で成績につくのかを説明
Grading (成績)
これは各大学・学科できめられているものです
Conditions (出席の条件)
・15分までが遅刻、それ以降は授業を受けられない。
・遅刻3回で、1回の欠席扱い
・欠席4回で、単位不可



คณะมนุษยศาสตร์และสังคมศาสตร์
“สร้างภูมิรู้ ภูมิธรรม ภูมิปัญญา พัฒนาท้องถิ่นสู่ความเป็นสากล”
โครงการสอน (Course Syllabus)

Course Code: 1564701
Course Title: Japanese for Tourism 1
Credits: 3(3-0-6)
Instructor: ××××
Office: Japanese Section


Course Description
In this Japanese for Tourism 1 class, you will learn the conversation for tourism, such as at the hotel, restaurant, bank, airport, and so on. In this class, we will cover some tourist attractions and sightseeing places in Bangkok.

Objectives
Students will be able to:
1. Explain the tourist attractions and sightseeing places in Japanese expression
2. Know what Japanese tourists are interested in also will be able to make use of this knowledge in Job Training
3. Compare Thai culture and Japanese culture by explaining Thai history and customs
4. Get used to speak fluent (natural speed) Japanese

Contents
・Training according to the theme in each section in the textbook.
・Learning the usage of the honorific Japanese when you guide your customers .

Tentative Schedule
WeekContent Activities
1.Introduction
Lesson 1 At the airportIntroduction, Listening ,Speaking, Writing
Conversation practice, Role play,
Conversation test,and Quiz

2.Lesson 2 In the bus
3.Lesson 3 At the hotel
4.Lesson 4 At the hotel
5.Lesson 5 At the sightseeing spot
6.Lesson 6 At the restaurant
7.Review (L1~L6)
8.Midterm exam
9.Lesson 7 At the sightseeing spot
10.Lesson 8 At the Bank
11.Lesson 9 At the souvenir shop
12.Lesson 10 At the sightseeing spot
13.Lesson 11 At the sightseeing spot
14.Lesson 12 At the sightseeing spot
15.Review (L7~L14)
16Final exam

Teaching Materials
1. 「観光日本語 1」 2. Handouts

Evaluation

Attendance PresentationQuiz & HomeworkMidterm Exam Final Exam
30% 20% 20% 10% 20%

Grading

AB+BC+CD+DF
*0-100*5-*9*0-*4*0-*9*0-*9*5-*9*0-*40-*9

Conditions

1.You are required to attend all classes ON TIME.
2.If you come to class late:
more than 15 min. → you are not allowed to attend class,
and will get 1 absence(×)
less than 15 min. → you can attend class, but will get 1/3 absence (△)
3.Being late 3 times is considered as 1 absence (△△△=×).
4.If you leave class early:
more than 15 min. → you will get 1 absence(×)
less than 15 min. → you will get 1/3 absence (△)
5.Leaving early 3 times is considered as 1 absence (△△△=×).
6.When you get 4 absences, you can not attend class anymore.( ××××=F)
7.Only in case that you bring a medical certificate from the hospital, your absence will not be counted.
8.Any homework not submitted on time is marked as 0/100.

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

プロフィール

のりちゃん

Author:のりちゃん
Yahoo!ブログから引っ越してきました

アルバム

のりちゃんブログランキング

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

カテゴリ

カレンダー

12 | 2022/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -