FC2ブログ

記事一覧

ハリラヤ・プアサの日、ブルネイの王族の方たちと握手をする

 
ハリラヤプアサの日
 
王宮の豪華な朝食で、満腹になったあと
第2待合室で爆睡した
 私は
さわやかな気分で
王族の方たちのいらっしゃる部屋へ
向かったのでした
 
と。。。
ここからが
クライマックスのはずなのですが。。。。
実は。。。
ここで。。。
王族の方たちのいらっしゃる部屋へ入る前に
荷物は全て取り上げられてしまったのですね~
カメラ
 はモチロン
パスポート
まで
 
考えてみると
トーゼンか。。。
 
というわけで
肝心なところの映像は
ありません
 
仕方がないので
ここからは
その日のホテルで見たテレビ映像になります
 

ブルネイ国王です
 
部屋は女性の部屋と男性の部屋に分けれていました
女性は女性の王族の方に
男性は男性の王族の方に
謁見します
 
ということは
私は王様には
会えませんでした
 

第一王妃です
 
最初に握手をした方です
 
第一王妃と握手するときは
やはり
緊張
して
「スラマット・ハリラヤ」と言うのが精一杯でした
 
「スラマット・ハリラヤ」とは
「あけましておめでとう」とか
「Merry Xmas」とかと
同じような?あいさつの言葉です
ハリラヤ・プアサの期間
町のあちこちで
知り合いに出会った人たちが
「スラマット・ハリラヤ」と言いながら、握手をしていました
 
 

男性の部屋です
 
向かって右手に
男性の王族の方が並んでいます
 

女性の部屋です
左手奥にいる方たちが王族の方です
 
 

おしまいごろに並んでいた
年配の王族の方が
「どこから?」と私に聞いてきました
「日本から」と答えると
驚きながらほかの王族の方に
「日本からだって!!」と話していました
 
もっと
ずうずうしく
お話してくればよかった。。。
 
あとから
そう思ったのでした。。
 
 
それにしても
たいしたものです
 
私は
王族の方たちは
訪問した人たちを
分担して握手をされるのかと思っていました
 
でも
全員の王族の方が
全員の訪問者に握手をされました
 
私が第2待合室で爆睡していた時間も
立ちづめで握手されていたと思うと。。。
それが3日間続くのだと思うと。。。
 
ブルネイ王室が国民から慕われている理由が
わかるような気がしました
 
 
 
 
 
 
関連記事

コメント

No title

どんちゃん、どうもデス(*^_^*)

No title

すごい~!

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

プロフィール

のりちゃん

Author:のりちゃん
Yahoo!ブログから引っ越してきました

アルバム

のりちゃんブログランキング

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

カテゴリ

カレンダー

10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -