FC2ブログ

記事一覧

のりちゃん、聾学校の先生になる

4月1日から
聾学校で国語を教えることになった
 
聾学校などの特別支援教育の教員資格は
私は持っていない(注)
 
31
「ロー学校の副校長ですが、国語の先生を捜しています」
という電話があった
 
なかなか学校名が聞き取れなくて
何度も聞き返した
そして
ロー学校が
私の専門の「中学校」ではなく「聾学校」だということに気づくと
私はビックリした
 
私は
障害児教育(特別支援教育)の経験もなければ
資格もない
 
その旨を言うと
「知っています」
・・・そりゃそうか。。。
 
副校長先生の
「手話を覚える気持ちがあれば、できます」
という言葉に
私の気持ちは、動いた。。。
・・・手話には以前から関心があった
 
「一度、話を聞きに来て下さい。
返事はそれからでいいです。」
そう言われた私は
学校見学に行くことにした
 
学校見学に行き
その設備の充実さに驚いた
そして聾教育の話を聞きながら
今まで経験したことのない教育活動に
私は、ムラムラ好奇心がわいてきた
 
「経験のない私にも勤まりますか。」
と尋ねると
「ほとんどの教員が経験のない人です。
みんな、ゼロからのスタートです。」
 
私は
「ほかの人にできるなら、私にもできるんじゃない?」
と、安易に思ってしまった
 
普段はとても慎重な性格
なのだけれど
ここゾという時は
ナゼカ、大胆に無謀になってしまう私
 
未知の世界ヽ(^o^)丿に対して
異常に好奇心旺盛な私は
聾学校の先生の仕事を
無謀にも
引き受けてしまったのである
 
 
(注)ウィキペディアより
特別支援学校の教員は、原則として特別支援学校教諭の免許状と各部に相応する免許状(幼、小、中、高等学校教諭)の両方を有しなければならないことが教育職員免許法に定められている。しかし、同法の附則16の規定により「当分の間」との条件付きで本則が骨抜きにされているため、必ずしも特別支援学校教諭の免許状を持っているわけではない。
関連記事

コメント

No title

じーぞうさん
おめでたいかどうか???
でも、必要とされているってことはありがたいことですね~

No title

どんちゃん
声援?ありがとうございます(^.^)
またまた今年度も過酷な1年になりそうです。。。

No title

桜の季節のいい話。
こちらもうれしくなります。
おめでとう。

No title

そうなんですね。
のりちゃんさんの生き方がとても好きです^^
大変な事もあると思いますが、頑張ってください(^-^)/

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

プロフィール

のりちゃん

Author:のりちゃん
Yahoo!ブログから引っ越してきました

アルバム

のりちゃんブログランキング

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

カテゴリ

カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31