FC2ブログ

記事一覧

芸術家ミケランジェロと似てる?幸田露伴『五重塔』の大工:「宇太郎」文学散歩㉒



幸田露伴『五重塔』のモデルとなった
谷中墓地『五重塔』を訪れると…

幸田露伴の『五重塔』を
読みたくなりました



私は…

幸田露伴の『五重塔』を
読み進めながら…


システィーナ礼拝堂の壁画を描いた…🖊……

ミケランジェロを思い出しました



壁画PC300663
大塚美術館のシスティーナ礼拝堂(ヴァチカン)の壁画 ミケランジェロ作
撮影:2018年12月30日




――大塚国際美術館――

徳島県鳴門市にある陶板複製画の美術館
1998年大塚製薬グループが創業75周年事業として開館
オリジナルと同じ大きさに複製した芸術作品(西洋名画など)が展示してある





2018年の大晦日
紅白歌合戦で
米津玄師さんが歌った場所です


歌の中継の準備のため…
この年…大晦日の美術館は…休館でした




。。。。。




幸田露伴の『五重塔』の主人公は…大工の十兵衛



大工の腕は確かだけど~
のろまな性格から「のっそり(十兵衛)」とあだ名をつけられるような人物で

ケッコー仲間からはバカにされていました



そんな十兵衛が…

火事で焼失した『五重塔』の再建話を聞きつけ




どうしても自分の腕で建てたいっ




一途に思いこみ~

ミニチュアまで作ってしまうのです



全然お金にはならない作業(ミニチュア作り)を

自分がデキル仕事ではナイ塔の❓模型作りを
家で…コツコツやっていたワケです





もともと
五重塔再建の仕事は…

大工の親方が請け負っていた仕事なのです



それなのに❕


自分が建てたい


和尚さんに直談判に行くワケです




ちょっと…
KYですよねーーー



K=空気
Y=読めない
「空気が読めない」という意味



十兵衛の奥さんは
ソンナ~十兵衛の行動に
ヒヤヒヤしているワケです




十兵衛は大工の腕・才能&能力はあるけど
世渡りがヘタ…な人物…として描かれています




本来なら
人間カンケーを考えて…

親方に遠慮するトコロ…


そういう配慮はデキナイ人…なワケです





自分の気持ちに
ものすごく❕正直な人❕❕なのです





五重塔のお寺の和尚さんは…

2人(親方と十兵衛)を呼んで
説経を聴かせます


和尚さんは…
2人で話し合いをさせよう…と思ったのです




家に帰って…

ふたりは
それぞれ

悩みます





悩んだあげく…

親方は…
「大人」の解決方法…を思いつき…


わざわざ
十兵衛の家に
自らが訪ね~



2人で建てよう

そう…提案するのです





ところが❕



十兵衛は…


...いやだ...😢


そう......言うのです...






ピュアですねーーー






自分の気持ちに
ウソがつけない…人なのです




十兵衛は…

名誉『欲』とか~
金銭『欲』とか~
ソンナ『モノ』で五重塔を建てたいのではなく~



立派な塔を建てたい❕

そういう思いダケだったのです





だから

十兵衛にとって
五重塔の建設は…

他人に忖度したり
妥協したりしないで

自分の思い通りの~


完璧に1番スバラシー塔

を建てたい🔨



だから
2人ではデキナイ作業だったのです






私…コノアタリで…


システィーナ礼拝堂をひとりで描き上げた
ミケランジェロを思い出しました


ホールPC300669
大塚美術館のシスティーナ礼拝堂(ヴァチカン)の壁画 ミケランジェロ作
撮影:2018年12月30日



ミケランジェロも
壁画へのコダワリが強くて…

作品に妥協しなかった



最初は…
手伝ってくれる職人仲間もいたようです


でも…
仲間は
ミケランジェロのコダワリについていけず…


だんだん…みんな
離れてしまい…


最後は…

ミケランジェロひとりで
壁画を描きあげたようです



壁画PC300663
大塚美術館のシスティーナ礼拝堂(ヴァチカン)の壁画 ミケランジェロ作
撮影:2018年12月30日



ひとりで
完璧な作品を制作するために…

不自然な姿勢で描き続けた…🖌…ミケランジェロ


壁画ができあがったときは
腰が曲がってしまって…ちゃんと歩けなかったそうです




壁画ですから…

上を向いて…眺めて

見るダケ👀=でも疲れます😅




ソレを…描くって🖌__


ものすごく❕タイヘンな❕❕

命をかけた制作だったと思います




。。。。。




この~大塚美術館のシスティーナ礼拝堂は…


この年=2018年の紅白歌合戦で
米津玄師さんが歌った場所です



大量のローソクを点けるため
大晦日の美術館は…休館


ローソクは🕯🕯🕯🕯🕯🕯🕯🕯

米津さんの愛するおじい様への
鎮魂の…懐い…





見学予定だった美術館が閉館で
仕方なく…私は…

大晦日も
美術館のそばの~鳴門のホテルに宿泊しました

1日では見られない…広大な美術館デス




鳴門のホテルで🏨
いつもは見ない…紅白歌合戦を見ていると📺=👀
(ウチにはテレビが無い…)


数時間前🕘…昼間見た…鳴門大橋…が映しだされ=📺😲

昨日見た…大塚美術館のシスティーナ礼拝堂…が映しだされ=📺😲



かなり思い出深い…大晦日となりました(笑)




――ブログ――




…また…ブログ脱線してます😅…




=つづく=




――野田宇太郎の後追い「文学散歩」――


関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

プロフィール

のりちゃん

Author:のりちゃん
Yahoo!ブログから引っ越してきました

アルバム

のりちゃんブログランキング

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

カテゴリ

カレンダー

12 | 2022/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -