FC2ブログ

記事一覧

BKKのバスターミナルの≪ムカツク≫タクシーの話

 
タイの北の町からの長距離バスは
BKKの「モーチット マイ」という
北バスターミナルに到着する
 
そこのタクシーが
なんとも・・・質が悪い
 
タイの旅行ガイドでは
いろいろなトラブルが載っているけれど
私はタイでは
あまり不愉快な目に会ったことがないので・・・
だから私には
「モーチット・マイ」のタクシーの印象が
非常に悪い
 
まず長距離バスが「モーチット・マイ」に到着すると
バスの乗客は
いわゆる白タクの運転手に
かこまれる
 
バスターミナルの端にはタクシー乗り場があって
何十台もタクシーが客待ちをしている
タクシーがたくさんいるので
いつも待つことなく乗ることができる
 
しかし
バスターミナルは広いので
長距離バスが到着した場所から
タクシー乗り場までは
少し歩くことになる
その歩いている間中
白タクから声がかかる
ひとりひとりは、しつこくはないけれど
人数が多いのでうっとうしいこと限りない
しかも
荷持が多い時ほど声も多くかかり
キャスターバックを引きずるのに
邪魔でしょうがない
わざと足でキャスターバックの通り道を邪魔をされたこともあり
ホントに頭にきたことがあった
 
先日も
メンドクサイ白タクの客引きをやり過ごし
ようやくタクシー乗り場にたどり着き
メータータクシーに乗った時のこと・・・
 
そのタクシーの運転手は
身ぎれいな格好をした
紳士風のタイ人だった
 
「日本人ですか」と
日本語で話しかけてくる
なかなかうまい日本語だった
 
しかし
数百メートル走ったところで
運転手は言った
「300バーツ・・・うーん、200バーツでいいね」
 



ナンデ、メータータクシーなのに料金の交渉があるの?
マズイ 
うっかりしていた 
タクシー乗り場から乗ったタクシーだったので
メーターを確認していなかった
 
そのタクシーのメーターは動いていなかった  

 
その日の目的地はカオサン
バスターミナルからカオサンまでは
100バーツ前後で到着する
渋滞でなければ90バーツくらい
例の赤シャツ隊のデモで渋滞の時でさえ
120バーツだった
それが200バーツ 
これでは
苦労して白タクをやり過ごして
タクシー乗り場まで行った意味がない  
 
とたんに
ムカツイてきた  

 
 
私「メーターはないの?」
運転手「メーター動かないんだよね」
私「カオサンまで100バーツで行くよ」
運転手「ムリムリ」
私「**
**
**
運転手「
~▽
 」
私「

・・・じゃあ、ここで降りる
 
私は、動いているタクシーのドアを開けた



 
運転手は慌てて
「わかったわかった」と言い
メーターのスイッチを入れた
。。。
ヤッパリ。。。
メーター使えるじゃん。。


 






インドネシア・バリ島で鍛えた「のりちゃん」を甘く見てはいけない


 
バリ島では
屋台のナシゴレンひとつ食べるのに
料金の交渉をしなくてはならなかった
黙っていると外国人は2倍の金額を払わされる
バリ人と食事をするときはもっとやっかいだ
当たり前のようにバリ人の分まで外国人が払わされる
しかも
バリ人の分も外国人料金を請求してくる
だから
食事をするときは
ひとつひとつ料金を確認してからでないと
注文できなかった
 
タイに来て
そのような料金の交渉をしなくていい「食事」や「買物」が
どんなに楽かということを
つくづく感じた
 
バリ島での服とか小物類の言い値は
だいたい現地価格の10倍だった
タクシーは2倍~10倍
 
例えばタクシーに乗る時
ドゥアプル・リブ(20000)と言われ
交渉して
スプル・リブ(10000)まで値切ったとする
一気に10000まで下がらないから
次のような交渉をすることになる
 
運転手「20000でどう?」
客「高い!6000にして」
運転手「そりゃないよ15000でどう?」
客「8000ならいいよ」
運転手「じゃ13000で」
客「ラストプライスで10000」
運転手「ok
 
ということで「10000ルピア」になるのだが
交渉中
ドゥアプル(20)・リブ(1000)=20000
リマブラス(15)・リブ(1000)=15000
スプル(10)・リブ(1000)=10000
というのが面倒で
リブ(1000)はだんだん省略することになる
すると
「スプル(10)でOK
ということになって
こちらは10000ルピア(100円くらい)のつもりでも
運転手は10・USドル(1000円くらい)を請求してくる
 
バリ島のタクシーの運転手とは何度もケンカした
 
私は久々に
バリ島の血が騒ぎ
日本語で怒り
最後に
タイ語で「チャイ・マイディー」(悪い心)
と言った
 
タイ人の運転手は
あまり反撃に慣れていない?ようで
タジタジになり
すぐにメーターを作動させた
 
運転手は
早くこの客を降ろしたかったのか?
かなりスピードを出してカオサンまで行った
 
カオサンに到着した時
メーターは85バーツだった
 
私は
タクシーの運転手が遠回りをして
メーターを稼ぐことも心配していたので
正直に?
直行してくれたことを評価?して
チップも含め、100バーツ払った
 
お金を払う時
「ね、100バーツだったでしょ?」と
一言、言い添えるのを忘れなかった 
関連記事

コメント

No title

夕顔さん
300Bだと、金額は、良心的な金額(笑)ですね。高速を使えばそのくらいしますから。
それにしても、モーチットマイは(怒!!)

No title

私も1ヶ月前に同じ場所で同じ経験をしました!
空港まで300Bだったからちょっとだけ高いくらいだったけど、メータータクシーなのにメーターがないってどういうこと!?と思いました~^^;
http://blogs.yahoo.co.jp/yuugao3824/16273749.html

No title

ブアカーオさんも、バリ育ち?ですか(笑)
私も思わずバリ風に戦ってしまい、人格疑われそうです。
コレ、バリ後遺症です(笑)。

No title

ボクもバリで鍛えてたんで、バンコクレベルは屁でもないと感じてまっす(爆
換金ですら、命がけでケンカごしでやってましたから(爆・爆

No title

バイクの先生
50倍は、すごいですね。
私は、悔しい思いをした時は忘れるよう努力(苦笑)しています。チップだと思って(笑)せっかくの楽しい旅行が、悪い思い出になりますから。

No title

のりちゃんさん
素敵です!!
その姿勢とっても大切だと思います。
私は中学生のころ
バハマへ行ったときに親がボッたくられました。
おそらく正規価格の50倍くらい
本当に悔しかったけど旅行中に嫌な思いを
したくないとおとなしく払った
今でも覚えているくらいなので
本当に悔しい
大人になってからは殆どタクシーに乗ってない
タクシーが嫌いになってしまいました。
のりちゃんさんを見習って
私も戦います^^

No title

ちゃんぷさん
荷持が多い時はバスはキビシイですぅ!!

No title

わしゃ最初からバス停を目指すよ

それか流しの空車タクシーだね

タクシー乗り場のじゃ失敗だよね

No title

どんちゃん
日本語を話す人は要注意ですね(笑)

バリの10倍は、日本円にすると10円くらいのものを100円と言われるので、10倍でも日本人は安いと思ってしまうのです。

No title

強い!!のりちゃん!!
私の経験でも、やたらと話しかけてくる運ちゃんは怪しいのが多いです。

それにしても、バリ島では屋台ごはん食べるのにも一苦労なんすねぇ。
10倍もボるなんて、どんだけ~!

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

プロフィール

のりちゃん

Author:のりちゃん
Yahoo!ブログから引っ越してきました

アルバム

のりちゃんブログランキング

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

カテゴリ

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -