FC2ブログ

記事一覧

家計簿㊿:最終章⑵幸福度はお金の「量」ではなく「使い方」だと思う



若い頃・・・

『シンデレラ・コンプレックス』を読んで・・・


自由とは

ラクには…カンタンには…
得られないモノだと知りました


1-シンデレラコンプレックス
『シンデレラ・コンプレックス』

著者=コレット・ダウリング

訳者=木村治美

1984年=第1刷発行

1986年=第6刷発行

発行所=株式会社三笠書房




そして・・・
自由は
『自立』しないと
得られないモノだと知りました


でも・・・

『自立』には3つの『自立』があって

『精神的自立』
『経済的自立』
『生活的自立』

どれが欠けても『自立』とはいえない


私にとって
1番ハードルが高い『自立』が
『経済的自立』でした


『自立』のためには
お金が必要


自由に生きるためには
お金が必要


でも・・・

私の能力では
人並み以上のお金を得る(給料)はムリ
ということも
悟っていました(笑)



では
どうすればいいか❓



。。。。。



初めての海外旅行=インドネシアの旅で

百円の価値の違いを
知りました






給料でもらう百円は
同じ百円です

1月働いて得る給料は同じ額です

残業代ナンテ出ない
ブラック職業でしたから~(笑)



でも・・・

その~同じ1月働いて得た給料

その給料の中の百円を


どのように使うか❓


その使い方によって
百円の価値が変わるコトに気づきました




お金は・・・

たくさんあればいい
モンではない


その~使い方で

どんなにたくさんあっても
満足できなくなるし~

少なくても
満足できる・・・



要するに・・・
お金を

どういう使い方をすれば
自分の満足=幸福
につなげることができるのか



。。。。。



私は・・・

ムリして
自分の能力以上の給料を
お金をたくさん得ることを目指すのではなく~

お金をキチンと自己管理するコトを目指しました




もともと・・・

あまり体が丈夫ではなかったので・・・


自分の能力以上にムリをする=心身ともに病むだろう


そう思いました




だから・・・


お金をキチンと自己管理するタメに

『家計簿』をつけました





ブログ:家計簿❾:大学生活の1月の生活費を計算する

ブログ:家計簿⓫:大学生活の『環境』の中で私は金銭感覚を学んだ





お金は・・・たくさんあっても

自己管理ができなければ足りなくなるし~



少なくても・・・


その使い方で・・・


満足な生活ができる・・・

満足な生活をしよう・・・


そう~思いました




。。。。。



私が大学卒業後・・・

仕事をはじめてからも・・・


母は私が帰省するたびに・・・


お金を=お小遣いを

渡そうとしました



私は~


私は給料をもらっているから大丈夫


そう言って断りました




すると

母は・・・


コッソリ私のベッドの上に

お金の入った封筒を置きました



私は・・・

その封筒を母のベッドに置いて


東京に戻りました




私は・・・


自分の力で手に入れたのではない臨時収入は


私にとって

実害になる・・・と思いました





例えば・・・


1箱10粒百円…のチョコレートを食べて


おいしい😍


そう~満足していたとします



でも・・・


臨時収入があるから~


そう思って


1粒百円…のチョコレートを買って食べたとします

10粒で千円です



たしかに

1粒百円…のチョコレートは

おいしいです(笑)


一度食べると

また食べたくなるでしょう


そうすると・・・

今まで満足していた

10粒百円…のチョコレートでは

満足できなくなるでしょう




お金の使い方って

こういうものだと思うのです




今まで満足できていたのに

臨時収入が入って

束の間の贅沢をしたバカリに



そのあと・・・


今までナカッタ不満😞


貯まるようになるのです




一事が万事・・・




臨時収入によって

購入額が少しずつ高くなると・・・


1月の生活費は増えます



そうなると・・・

生活が苦しくなります



今の給料では生活が苦しくなり~

そうすると

精神的にも苦しくなり~

そうすると

仕事をするのも苦しくなります



仕事が苦しいと

ますます

苦しくって

仕事ができなくなる・・・



それこそ

親に泣きつかなくてはならない状況になるかも

しれません



せっかく

いろいろ工夫して~


自分の給料だけで

『経済的自立』をして生きているのに~


今までの努力が台無しになります




だから・・・


私にとって

臨時収入は


だったのです




だから・・・

母のお金は

受け取らなかったのです






母は・・・


もっと”ラク”に生きたらいいのに~


そう言いました





。。。。。





『毒親』・・・という言葉が世間に広まり・・・


私は


ウチもそうだ


そう思うようになりました




でも・・・


久しぶりに

『シンデレラ・コンプレックス』を読んで・・・


こんな文章に・・・

ハッとしました





何かが起こっていましたが、女たちにも親たちにも、それがなんであるかはわかりませんでした。40年代、50年代の親たちは、何を目標に娘を育てればよいか皆目わかっていなかったので、お義理にも上手な育て方をしたとは言えません。自立できるように育てなかったのもたしかです。


『シンデレラ・コンプレックス』p30





母より少し前の女性のことですが・・・

母も似たようなモンです




私は・・・


母が

『三従の教え』のコトを

言っていたのを思い出しました



三従とは・・・


家に在りては父に従い、人に適ぎては夫に従い、夫死しては子に従う


『大戴礼記 (だたいらいき)』本命篇



『広辞苑』によると


女性が従うべき三つの道。

すなわち家にあっては父に従い、嫁しては夫に従い、夫の死後は子に従うこと。




女性が・・・

こんな教育を受けた時代の~


そんな女性=親に

私は育てられたのです




≪娘に依存する母の話≫

ブログ:ROMANCE④:好きになった『木綿のハンカチーフ』





ものすごいスピードで

人間の社会が変化したことで・・・


ものすごいスピードで

人間の寿命が延びたことで・・・


ものすごいスピードで

人間の…人生の価値観が変わり・・・



人間の精神・人生や命に対する考え

そういう=心の問題=が

追いついていない


そんな気がしました




『毒親』…というのは



親が原因ではなく・・・


親世代も

被害者のような気がしてきました




●母親は娘の自立を嫉妬する

 娘たちが横暴な父親に悩むことはたしかに多いのですが、母親もまた、娘の成長と自由を妨害します。母親は夫に依存するのとまったく同じに、娘にも依存する傾向があります。この母親は義務不履行の罪、自立しようとする娘の努力を支持しないという罪を犯していることになります


『シンデレラ・コンプレックス』p144




 良妻の性格は、良い娘と同じです。よい娘は、母親の言うなりに消極的に育ちます。従順で扱いやすい娘に育つことは、その後の人生でさまざまの不利益をこうむることになるのです。


『シンデレラ・コンプレックス』p179




そういえば・・

母は・・・よく言っていました





お姉ちゃんは素直でいい子だ





たしかに・・・


素直でない

母親の言うなりにーならない

従順で扱いやすい娘ーではない

「のりちゃん」は~育てづらかったコトでしょう




でも・・・


素直に~従順に育つことを拒否したからこそ

今の私がある


私は

『自立』することがデキターーーと思うのです





=つづく=




やっぱり・・・

㊿までに終わりませんでした<(_ _)>






ーーーーー「家計簿」関連記事----------------


関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

プロフィール

のりちゃん

Author:のりちゃん
Yahoo!ブログから引っ越してきました

アルバム

のりちゃんブログランキング

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

カテゴリ

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -