FC2ブログ

記事一覧

ROMANCE⑫:『木綿のハンカチーフ』の楽譜がほしい⑵=楽譜を探しにレコード会社に行った思い出



アルバムROMANCEは・・・

トーゼン

に惚れ込んで買った

つもりだった



『木綿のハンカチーフ』の

歌詞に惚れ込んで買った

つもりだった



しかし・・・

小林武史さんの
ピアノ伴奏に惹きつけられてしまった・・・


木綿のハンカチーフ3
『P.S.I love you 宮本浩次』より引用



小林武史さんが弾いている~


楽譜がほしいっ‼



そう~思い始めたら・・・

学生時代・・・
楽譜を探したコトを思い出した






。。。。。



学生時代・・・

私が持っていたLPレコードの曲を
演奏会で演奏したかった


コンダクターに曲を推薦すると~

コンダクターは言った


いい曲だと思うけれど
楽譜が・・・ね

楽譜が手に入ったら
この曲をやろう




曲は・・・パッヘルベルの『カノン』




ヴァイオリンとチェンバロの曲なので
ピアノの楽譜なら売っていた



しかし・・・

私たちがほしいのは
マンドリン・オーケストラの楽譜


私が持っているLPの~『カノン』は
楽団のオリジナルの楽譜だった




そんなもん
どこにも売っていない・・・😢



。。。。。



マンドリンは・・・音がピアノと似ている

ドチラも~弦を弾いて出す音だから~


高音の単音だと
ピアノと区別ができないくらい似ている




大学に入学した4月・・・

新入生の部活勧誘のために
大学キャンパスには
たくさんの出店が出ていた


マンドリン部は
その出店で
いつも演奏~個人練習をしていた


その音色に
私は
惹きつけられてしまった


そのときの私は・・・
部活動どころではなかったハズなのに

入部してしまった



あとで・・・

なんで~❓~
あんなに惹かれたのか❕


わかった❕❕



マンドリンの演奏を聴いていると・・・
ときどき
ピアノの音に聞こえてくる


私は・・・

ピアノの音を求めていたんだ

そう~思った




だから・・・
チェンバロの曲=『カノン』は・・・

絶対にマンドリンで演奏すると
ステキだと思った


。。。。。



マンドリンとヴァイオリンは
開放弦の音は同じだから
似ているようにみえる


ドチラも低い音から

G線(ソの音)
D線(レの音)
A線(ラの音)
E線(ミの音)

が出る弦が張ってある

だから・・・
ドレミの位置もまったく同じ


でも・・・実際は

音の出し方がちがうので
全然違う音色である


ヴァイオリンは・・・
馬のしっぽなどの毛で張った~弓で弦をこすって音を出す

だから・・・
柔らかい音が出る



マンドリンは・・・
プラスティックなどの硬いピックで~弦を弾いて音を出す

ピックの大きさは~ギターのピックの~1/3くらい
音は~硬い音



マンドリンとヴァイオリンの音色の違いは・・・
ちょうど~
ピアノとオルガンの違いと似ていると思う



ピアノは音が消える
オルガンは音が消えない

ピアノでの音を弾くと~しばらくすると音が消える
オルガンでの音を弾くと~押さえているかぎり~音は消えない




マンドリンも音が消える
ヴァイオリンは音が消えない

マンドリンでの音を弾くと~しばらくすると音が消える
ヴァイオリンでの音を弾くと~弓を動かしているかぎり~音は消えない




でも・・・
ドレミの位置が同じで
みかけが似ているので~
どうしても
ヴァイオリンの管弦楽の曲を
選曲しやすい


でも・・・

それだと
絶対に
マンドリンのほうが
迫力負けしてしまう


やっぱり
交響楽団の演奏のほうが
マンドリン・オーケストラよりいいね~


そんな演奏は
私は・・・したくなかった


マンドリンの楽器の特徴を
活かした演奏がしたかった


そのためには

選曲が大事だ
と思った


プロの~マンドリン・オーケストラのLPに出会ったとき・・・

『カノン』に出会ったとき・・・

これだっ

そう~思った



『カノン』は
チェンバロの曲

ヴァイオリンより
マンドリンのほうが合う曲だ

そう~思った


だから・・・
マンドリンで演奏したかった


でも・・・
楽譜がない



そんなもん
どこにも売っていない・・・😢



。。。。。



私の楽譜探しが始まった



まず・・・

LPレコードの楽団に電話してみた


そしたら・・・

楽譜の出版の話もあったので~
録音したレコード会社に置いてきた

いつ発売になるかはわかりません・・


というコト・・・だった


レコード会社に問い合わせたらどうですか

演奏会までに
出版が間に合わなかったら
コピーさせてもらうといい



楽団の・・・対応してくださった方は
とても親切だった


今思うと・・・

楽団の~代表の方~とか
コンダクターの方~とか

エライ人だったのかもしれない~



で・・・

レコード会社に電話してみた


レコード会社の担当者は・・・


たしかに楽譜はウチにある

でも~
出版の話は・・・全然進んでいない

楽団がそう言うのなら
コピーさせてあげる



私は・・・日時を約束して
レコード会社に
コンダクターといっしょに行った


イチオー身分証明書として
学生証を持ってきてほしい


そう~言われたので
学生証を忘れずに持参した



ま・・・超・有名ドコロの
レコード会社である

アルバムROMANCEの宮本さんも
所属していたことがアルような・・・




今から思うと・・・


ワケノワカラナイ学生に~

音楽シロートの学生に~

文学部と経済・経営・法学部くらいしかない大学の~
(あっ大事な学部を書き忘れたっ

ダレの紹介も無い学生に~


社員の方は~よく会ってくださったと思う~




今思い出すと・・・

アレは・・・夢か幻か

みたいな思い出である




第三者に話したら・・・

嘘だろー

と言われそうな
思い出である




今思い出すと・・・

おそらく・・・

社員の方も

同じような気持ちだったのかも~❓

と…今なら思える~(笑)



というのは・・・

社員の方は
私たちの姿を見るなり・・・


ホントに学生だった・・・


とつぶやいたのだ・・・



私の電話の話は半信半疑だったようで~

たぶん~学生を騙っている~とか
ひやかしの電話~とか

思ったんじゃないかな



私はウソだと思われたショックで・・・

学生証持ってきましたっ


催促されないのに
コチラから学生証を
差し出した


ま・・・学生証を見なくても
学生だってわかるような
2人だったワケで・・・(笑)


社員の方は・・・

そう…ですね…

形だけ・・・学生証を受けとると

確認してみた・・・

というような雰囲気だった(笑)



レコード会社の社員の方は・・・

すぐに楽譜を持ってきてくださった・・・


楽譜は持ち出しはできないので
ソコのコピー機でコピーして

そう~言った



楽譜は・・・
手書きのスコアなので・・・
デカかった



片面A3
📖



見開きでコピーしたかったけど
どう縮小すれば入るかわからない~


見開きのコピーはあきらめた


A3の用紙は
コピー屋さんでコピーしたら
1枚30円~50円くらいした


A3の用紙のコピーは高いので~(笑)


ナントカ

 B4サイズでコピーできないか❓


と~

三流大学の貧乏学生は
試行錯誤した~(笑)



でも・・・無理だとわかって・・・

片面A3の用紙に

片面ずつコピーした



スコア・・・だから
ページ数も
半端なく多い(笑)



スコアは
全楽器の譜面が書いてあるので~
1ページに五線が10段あっても
ソレは
10種類の楽器の譜面だから~


1ページで
曲が6小節くらいしか進まない(苦笑)



コンダクターは・・・
ある程度予想していたかと思うけれど~


いつもパート譜しか見ない私は・・・

手書きのスコアってこんなんだぁ~

ボーーーゼンとし・・・
ショックだった




全ページをコピーするのに
1時間くらいかかったと思う



かなり
営業妨害&仕事の邪魔だったと思う<(_ _)>



担当者の社員の方は
怒られたかもしれない・・・

たぶん
怒られたと思う・・・


コピーの途中で
何人か~ほかの社員の方が

ちょっとコピーさせてくれる❓

そう言って・・・
割り込んできた



申し訳なかった<(_ _)>




たぶん・・・

担当者の社員の方のトコロに

かなりクレームがきたんじゃないか❓


今・・・思うと・・・
そう思う



アイツらはナニモンだっ❓

いつになったら
コピー機が使えるんだっ



絶対に
怒られたと思う・・・

アノ担当者の方・・・



本当に・・・
本当に・・・

申し訳なかった<(_ _)>





私たちは

ナントカ・・・コピーをし終えると・・・


担当者の社員の方も~
気のせいか
疲れたような顔をしていた




私たちは・・・

✋楽譜を他所に出さないコト

✋楽譜のコピーはしないコト


ソレを約束して
レコード会社をあとにした




コンダクターは
自分のバックに楽譜を入れて・・・

今日は寄り道をしないで❕まっすぐ家に帰る❕❕


そう言うと・・・

バックを大事そうにかかえて帰っていった



。。。。。



コンダクターは・・・

部員に
部活の練習の後で・・・

スコアの写譜を命じた


持ち帰り禁止

持ち帰らせたら
コピーされるから

そう言った


忠実に…約束を守ろうとした


私でさえ~楽譜の持ち帰りを許してくれなかった




昭和の・・・

たぶん・・・良き時代の・・・思い出





あのスコアは

今~どうなっているのだろうか・・・




=つづく=

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

プロフィール

のりちゃん

Author:のりちゃん
Yahoo!ブログから引っ越してきました

アルバム

のりちゃんブログランキング

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

カテゴリ

カレンダー

02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -