FC2ブログ

記事一覧

日本語ゲーム(日本語キャンプ)の話

 
日本語キャンプ2日目
朝食後
「日本語ゲーム」をしました
 
4人の日本人の先生が
それぞれ2つのゲームを担当します
日本人の先生だけでは大変なので
2年生と3年生の、お手伝いの参加者が
助手をしてくれます
 
学生も4つのグループに分かれ
4人の先生のところをまわります
1ゲーム15分間です
 
私の担当は
「助詞入れゲーム」と「数字読みゲーム」でした
 
まず「助詞入れゲーム」
 
問題が地面に置いてあります
悩んでいますね~
 

 
少し離れたところに
「を」「の」「は」などの助詞のカードが大量に置いてあります
それを問題のところまで持ってきて
正しい助詞を入れるというゲームです
 

 
 
のところに「助詞カード」を置きます
 

 
 
時間をかけると
成績のいい学生が1人でやってしまい
面白くないので
私は時間を制限しました
 
1回戦、6問、3分間
それを全部で3回戦やります
全部で18問
 
ストップウォッチで時間を計り
「ヨーイ」
「スタート」の合図はホイッスルです
(やりすぎ?つい、運動会の意気込みになってしまいました・・・
 )
 
このような
ゲーム内容やルールの説明は
私からは1年生に説明することはできないので(言葉の壁?)
3年生の助手の学生が説明してくれました
彼は授業の時はいつも
まわりの学生からお世話をしてもらっている学生なのですが
サスガ
「一応3年間」日本語を勉強しただけあって
1年生の中にいると頼もしかったです(笑)
 
助詞カードを置いた場所は
近いと言っても少し離れたところに置いたので
何往復もすると
けっこう走ります
 
走らされた学生は
ハアハアいっていました(笑)
 
これが問題です
( )の中に助詞カードを入れます
 
①これ( )自動車( )雑誌です
②毎朝6時( )起きます
③タクシー( )うち( )帰ります
④3月25日( )家族( )日本( )来ました
⑤駅( )新聞( )読みます
⑥カリナさん( )花( )もらいました
 
ゲームが終了すると
学生はダンスをしました
 

 
 
 
2つめのゲームは「数字読みゲーム」です
 
学生を1列に並ばせました
前から順に「ひとり1問ずつ」言います
問題を言うのは、私です
 
少し離れたところにある木の下に
数字が書かれたカードが置いてあります
 

 
 
木の下まで走り(・・・また
?)
自分の問題の「数字」を取ってくるゲームです
 
問題は
「4人」「5日」「8日」「1月」「7月」「10才」「6050」「20日」「10900」「9月」「5つ」「4日」「8つ」「1才」「6500」
などなど
全部で20問です
 
もちろん
「よにん」「いつか」「ようか」「いちがつ」「しちがつ」・・・・と読みます
 
学生は「ようか」と問題をだされると
「8日」というカードを持ってくるのです
 
学生が持ってきたカードの
正しいか間違っているかの判定を
3年生の助手の学生にさせたのですが
ナント
彼は時々間違えてしまいました 
でもゲームが終了するころには
彼も間違えなくなり・・・
このゲームは3年生の彼に
とても勉強になったのでした 

 
しかし・・・
私はこのゲームの準備をしながら
ムカついてしまいました
なぜなら
なんだって日本語の数字は
こんなに読み方がたくさんあるんだろうー
って
例えば「8月1日」
「いちにち」と言っても間違いではないけれど
やっぱり「ついたち」と言わないとしっくりこない
1個は「いちこ」ではなく「いっこ」と言わないといけないし
でも1時は「いちじ」でいいし~
「1」=「いち」だけでも何通りも読み方がある
「ようか」だの「はたち」だの「はつか」だのって
メチャクチャ頭にくる 
日本人に日本語を教えていたころは
疑問に思わなかったけれど
外国人に日本語を教えるようになると  
思わず
この日本語の複雑さに、頭にきてしまったのでした

しかも「数字!」「数字!!」が!!!
単純であるべき数字がこんなに複雑だなんて。。。ヒドイ。。
 
 
日本語を勉強しているみなさん
えらい。。。デス
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

プロフィール

のりちゃん

Author:のりちゃん
Yahoo!ブログから引っ越してきました

アルバム

のりちゃんブログランキング

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

カテゴリ

カレンダー

06 | 2022/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -