FC2ブログ

記事一覧

国際列車の旅(マレーシア・タイ国境超え)の話

 
タイ鉄道が
マレーシア、BUTTERWORTH発の国際列車のチケットを
タイ時間(
)で売ってくれたおかげ(
)で
出発まで1時間半も時間ができた私は
駅近くのご飯屋さんにお茶を飲みに行くことにした
 
本当はお昼ご飯を食べたほうがいい時間なのだけれど
遅い朝ごはんに
ペナンのチャイナタウンで
大好物の「飲茶」をどっさり食べた私は
ちっともおなかがすいていなかった
 
ちょうどお昼時のご飯屋さんは
コッチは郵便局の制服を着た人たちのテーブル
アッチはガソリンスタンドの制服を着た人のテーブル
と、まるで社員食堂状態だった
 
旅行者なんてまず来ないだろう、純ローカルごはん屋で
暇そうにアイスミルクティーを飲んでいると
まわりは 
興味津津 
なのがわかる・・・
 
そのうち
郵便局の
たぶん偉い人っぽい男性が声をかけてきた
 
「コリアか?」
「ノー、日本人」
「へ~、うちの妹、日本人と結婚して広島にいるんだ」
「え~!!私、広島出身よ!」
(と、言いたかったのだけど、1年ぶりのマレーシアなもんで、言葉を忘れてしまい・・・「私のお母さんは広島に住んでいるの」・・・でごまかした)
「ナンデ、マレー語しゃべるんだ?」
「ノー、私のはインドネシア語よ!」
「なるほど、同じだもんね」
「うん、少し違うけど・・・」
 
マレー語は世界の言語の中で
習得しやすい言語のひとつだと言われている
そして
マレー語のイチ方言を
インドネシアではインドネシアの共通語にした
ということは、マレー語とインドネシア語は同じ言葉だと言われている
 
でも、
私程度のカタコトインドネシア語では
初めのうちは全然通じなかった
 
仕方がないので
マレー語の本を買って
どこがインドネシア語と違うのかをすこ~し勉強した
そうしたら
ようやく私のインドネシア語がマレーシアで通じるようになった
 
。。。ケッコウ努力してるんだから!!!
(よく、「マレー語は簡単でしょ!」と日本人からバカにされる
・・)
 
おもしろいのは
インドネシア語を知っているマレーシア人は
私が話しているのは「インドネシア語」だとすぐわかることだ
もちろん「マレーシアで通じる言葉」で話していても・・だ
 
私の言葉を聞いて
「なんでマレー語をしゃべるんだ?」と聞くマレーシア人は、インドネシア語を知らない人
「なんでインドネシア語をしゃべるんだ?」と聞いてくるマレーシア人は
私の言葉は「インドネシア語」だと見抜いている
「どうしてインドネシア語だってわかるのよ?」
と聞き返すと
「俺はインドネシア人だ」
「友達がインドネシア人だ」と言う
 何が違うんだかよくわからないけど・・・数単語、話しただけでバレて(?) しまう
 
昔の話・・・
マレーシアで協力隊の活動していた人とインドネシア旅行中に出会った
最初、彼のマレー語はインドネシアで通じなかった
当然、かなりショックのようだった
協力隊の人だから私のようなカタコトではなく
ペラペラマレー語だったのに、である
彼は
私の持っていた旅行用のインドネシア語会話の本をとりあげ?・・・にわか勉強を始めてしまった・・・
(しばらく口をきいてもらえなかった)
その後、ようやく彼の言葉が通じるようになった
 
インドネシア語とマレー語は同じだと言われるけれど
カタコト会話者にとっては・・けっこう・・・違う・・
 
ところで
しばらく世間話をしていた郵便局のおじさんは
「もう行くから・・※※**※・・・」と言って席を立った
 
私が「???」という顔をしていると
相席していたガソリンスタンドのお兄さんが
「もう払ったって」と教えてくれた
 
おごってくれたんだ~
 
実はマレーシアでは、こういうことがよくある
初対面の人におごってもらうことが・・・
お茶
一杯でも
その気持ちが、と~ってもうれしい
(ちなみに、タイでは1度もない!!)
 
ごはん屋さんのごはんはおいしそうで
国際列車で食べるお弁当を買うことにした
ついでに
氷もほしい、と言ったら
氷は「サービス」してくれた
いつも買うと、1RMした
 
この食べ物の買物は、大正解だった
実は
国際列車はマレーシア側では
車内販売がいっさいなかったのだ
 
お弁当と氷を買った私は
氷を解かさないように
タオルでくるんで気を遣いながら(?)駅に戻り
列車に乗り込んだ
 
座席に座ると
さっきサービスでもらった氷を紙コップに入れ
ランカウイ島で買った、免税のやす~いビールをそそぎ
冷たい(
)ビールを飲んだ 
とってもおいしかった
(マレーシアは宗教上禁酒の方が多いため、お酒はとても高い)
 
国際列車は
18時過ぎに国境の駅(PADANG BESAR)に到着した
ちなみにこの駅名はマレー語で、タイとマレーシアで同じ名前を使っている
(BESARは大きい。PADANGは…なんだっけなぁ・・・あ゛~
また、忘れてる~)
 
2両の国際列車の、先頭車両の前がImmigration

 
Immigration(タイ語だからタイのイミグレ?)
今、気づいたんだけど・・・
いつもイミグレの建物に入ると
向かって右に行きタイの出国審査をして、左に回ってマレーシアの入国審査をしている
今日も、いつもと同じ(
)コースだったような・・・気がする
今日はマレーシアを出国してタイに入国したから、いつもと逆 なのに?
タイとマレーシアで、建物を共有しているのかなぁ???

 
実はこの駅で
私は食べ物を買おうと思っていた
いつもは駅に売店があって
バナナにくるんだおかずつきのごはん(ナシ・ルマ)や
マレーシア生菓子や・・・いろいろローカルの食べ物を売っている
 
それが・・・
 
タイからの国際列車は
8時か9時ごろこの駅に到着する
しかしマレーシアからの列車は18時すぎの到着
売店はあったけれど、もうほとんど売り切れ
スナック菓子とあんまんと飲み物だけ
仕方なく、あんまんを1個買った・・・
 
しかも
イミグレに行く時
お水を自分の席に残して行ったら(やっぱりこれは・・・マズかったかな?)
戻ってみたら・・・
掃除され・・片付けられていた
 
あわててお水を買いに
売店まで行ったら・・・
もう売店はなかった
 
車内販売がドッと乗りこむことを期待したHAT YAI駅でも
もう時間が遅かったせいか
だれも売りにこない

 
あわててホームに降り・・・
駅の売店に走り

せめて水だけでも~と
水を買った
 
ああ~ナンテコト
BKKBUTTERWORTH間では
食べ物・水に困ることはないのに!!
 
食べ物・飲み物購入のため走りまわった
HAT YAI駅を出発すると
車掌さんによるベッド作りがはじまった
 
この作業は
いつみても感心させられる
ものすごく手際がいいのだ
職人芸だと思っている
 
(ベッド作りの詳細は、次につづく・・・)
関連記事

コメント

No title

そうなんです~私はマレーシア大好きなのに、タイ好き外国人(含、日本人)には、マレーシアは評判悪いんです。キリスト教徒の白人はわかるけど、日本人もね~マレーシアは高くてまずいって。確かにタイと比べると物価は高いけど、日本やシンガポールから行くと、安いと思うし、食べ物も、1国で3国分(マレー料理・インド料理・中国料理)味わえて、とてもおいしいのに~

No title

お水は大切ですもんね!
マレーシア、素敵な人たちがいる素敵な国ですね^^

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

プロフィール

のりちゃん

Author:のりちゃん
Yahoo!ブログから引っ越してきました

アルバム

のりちゃんブログランキング

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

カテゴリ

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -