FC2ブログ

記事一覧

スピーチコンテスト-26-(翌々日の学校)の話

月曜の3年生の授業は「観光日本語」だったのですが
スピーチコンテスト出場者に
スピーチコンテストの感想を言わせました

私は
彼女たちの経験を
仲の良い友達だけではなく
3年生全員に伝えたかったのです

私としては
「とても緊張した」
「チェンマイ大学は上手だった」
この程度の感想を
予測していました

しかし
タイ語でいいよ、と言うと
彼女たちは感想を
ドバ~~~と
タイ語で語り始めたのです

タイ語だったのですが
ナントナク
どのスピーチを話題にしているかは
わかりました

≪彼女たちが話題にしていたスピーチ≫

①1位「白い黒」Chiang Mai University
肌の色が黒いコンプレックスをアメリカに行くことで克服した話

Mちゃんは
スピーチの時の本人のアクションをまねて
みんなに話していました

②「同性愛者のトイレとタイの社会」Payap University
同性愛者のためのトイレを作ってほしいというもの
「タイらしい」要望です

③「2009年しんがたインフルエンザ」UttaraditUniversity
バンコクの学校に行った高校時代の友人が
昨年、豚インフルエンザで亡くなったという話

このスピーチをした学生は最初から涙声でした
私は、うちより田舎の大学生なので
大勢の人の前で緊張のあまり声が震えているのかと思っていました
しかしスピーチが進むにつれて…
スピーチの内容がとても悲しいものだということに気づきました

友人が病院に入院したと聞かされ
病院に行った
しかし友人は病院にいなかった
友人の家に行くと
友人の母親から
友人が亡くなったことを知らされた

というくだりで彼女は慟哭
私も思わず泣いてしまいました

スピーチは続けられないかと心配しましたが
学生は持ち直し最後まで話しました
立派でした

「先生は泣きました」
とMちゃんに言うと
「センセだけ」
と笑われました

④「タイの楽器の魅力にひかれて」Chiang Mai University
タイの古典楽器の話

うちの学生にとっては
このスピーチがとても気に入ったようで
上手だと思ったようです
なぜ賞に入らないのかと聞かれました。
この話は、彼女たちの日本語力で理解できる
ちょうどいい話だったのだと思いました

私がいいと思ったスピーチは
5位の「蛇行する者」Chiang Mai University
高校時代の友人は暴走族に入っていた
でも今は病気の母親のために
学校をやめ、働いて母親を養っている
彼はしっかりまっすぐ人生を歩んでいる
それに比べ
人生の目的もつかめないまま大学生活を送っている自分
人生を蛇行しているのは自分のほうだ

でも・・・
この話は、たぶん、うちの学生には理解できていないようでした。
スピーチにも通訳が必要かも?というか
せめて出場者レベルの学生に理解できる内容、言葉で原稿を作ってほしいと思いました。

それにしても
うちの学生は
よく、よそのスピーチを聞いていたと思いました
とてもうれしく思いました。
観光日本語の授業が
思わぬ「スピーチコンテストの話」で
盛り上がってしまいました。


…私は
不安がっているMちゃんを力づけるために
チャンマイに行こうと思い
行きました

でも
行ってみて
とてもよかったです

私自身、
学ぶところが多かったし
考えさせられました
いろんな意味で
とても勉強になったと思いました

本当に
何事も
経験が大切です(*^。^*)


後日談…
Mちゃんとの練習の時
ひとくぎり話すごとに
私はOKサインを出していました
(実は、本番でも出していました)
すると
「観光日本語」の暗唱テストの時も
MちゃんはOKサインを求めて?きました
目が求めているんですね~
…どうもスピーチコンテストの後遺症のようです(笑)


(「スピーチコンテストの話」…長かったけれど、これで「完」)

関連記事

コメント

No title

夕顔さん
最後まで読んでくださり、ありがとうございました!(^^)!

No title

あはは、テストでOKサイン・・・^^
みんなで話し合えて、有意義な授業でしたね。
お疲れさまでした~^^

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

プロフィール

のりちゃん

Author:のりちゃん
Yahoo!ブログから引っ越してきました

アルバム

のりちゃんブログランキング

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

カテゴリ

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -