FC2ブログ

記事一覧

スピーチコンテスト⑭(苦難からの脱出:ゼスチャー)の話

水曜日
久々にMちゃんのスピーチを私は聞きました
そして私は愕然となりました
Mちゃんのスピーチは
先週の金曜日より「ヘタ」になっていたのです
タイムも「6分!!」かかりました
1番の原因は
大量に加えられたゼスチャーにありました
Mちゃんの原稿には
40個近い(!)ゼスチャーが
T先生の手書きのイラストで
書き加えられていました

Mちゃんはスピーチを始める前に
暗い顔をしながら
「アクション、できません」
と何度も言いました
私は
「アクション、入れなくてもいいです」
と言いました
しかし…
先生から指導されたアクションを
意識的に入れないということは
そう簡単にはできないことだったのです

タイの「先生と学生」の関係は
今の日本とは違って
かなり先生は「絶対的な存在」です
たぶん戦前の日本?
(サスガに経験ないのでわかりませんが)
もしくは明治時代?の
先生と生徒のような感じかもしれません
タイの学生は職員室で先生の席の前まで来ると
先生の足元に膝まずきます
こちらとしては
同じ目線で話がしたいので
椅子に座らせようとすると
学生は戸惑って座りません
そういう時は
ナゼカ叱るようにして
座らせます

そんな先生と学生の関係ですから
先生から指導されたことをムシ?することは
タイの学生にとっては
考えられないことなのです
しかも…
たぶんMちゃんは
ふたりの先生から
アクションが「ない」
アクションが「少ない」
増やさなくてはいけないと
何度も何度も
強く強く
言われていると思うのです

Mちゃんは暗い顔をしながら言いました
「アクション、できません」
私は言いました
「アクション、入れなくてもいいです」
Mちゃんの顔は一瞬明るくなります
しかし…
「でも…センセイが…」
と…また…暗くなります
水曜日は
この繰り返しでした

水曜日の練習を終えた後で
私は
「Mちゃんの苦難脱出法」を考えました
そして
Mちゃんにしっかり説明することを
選びました
Mちゃんは大学生ですから
しっかり説明すれば理解できると思ったのです

次の日木曜日
練習できる最後の日
私は練習を始める前に
Mちゃんとじっくり話しました
その時
Pちゃんもいっしょでした

その時私は
去年のスピーチコンテストの
タイ語で書かれた「要項」を
ふたりに見せました
タイ語なので私には読めませんが
幸い10月にやめたN先生の
日本語の書き込みがところどころにありました
このようなスピーチコンテストの要項は
日本の弁論大会の要項と同じなので
N先生のおかげで
書いてあることの想像がつきました

私が学生に見せたかったのは
「ルール」です
「ルール」はたったひとつ
制限時間だけです
制限時間は「5分」です

私は言いました

4分30秒~5分30秒
合格です
4分29秒、5分31秒
不合格です
(この時はまだ制限時間は5分30秒までOKだと思っていました)

私はさらに続けました

アクション10個→アクションあります
アクション20個→アクションあります
アクション30個→アクションあります
全部OKです
Mちゃんはアクション20個あります
たくさんではありません
でもアクションあります
OKです
アクション40個必要です→書いてありません
50個必要です→書いてありません
でも
「5分」→書いてあります
これが大切です
1番大切です
5分31秒「不合格」です
5分29秒「合格」です

それでも暗い顔をしているMちゃんの横で
Pちゃんは「ニタリ」として言いました

「センセ~、T先生、ワスレマス!」

それを聞いたMちゃんの顔が
ようやく明るくなりました

私は
本当は
こういう指導は絶対にやってはいけないことだと
思っています
他の先生の言うことを聞いてはいけないと
学生に言うことは
学生を混乱させるだけで
教育的効果はマイナス効果になります
確かに中学校の教員をしていた時も
他の先生のやり方は間違っていると思うことはありました
でもそう思ったことはあっても
生徒には言わないで
言わないで
なんとか他の方法で解決してきました
絶対にやってはいけない指導方法だと思っていたからです

でも今回は
もう時間がありません
というより
今のMちゃんの実力では
あの大量のゼスチャーを
マスターできる力はありません

ゼスチャーを入れても
6分かかっても
最後まで言い切れたら「いい」と思います
でも大勢の人がいる会場では
制限時間オーバーのベルがなっただけで緊張します
ベルがなったら止まってしまうかもしれません
そしたらそのまま続けて最後までスピーチできないかもしれません
「最後まで止まらずに言うことができた」は
本人が1番達成感を得ることができる結果だと思うのです

ゼスチャーの多さよりも
ゼスチャーを40個入れて10個失敗するより
20個入れて20個成功するほうが
本人には達成感があると思うのです

私は今回のスピーチコンテスト出場の目標を
①5分間の日本語の原稿を覚えること
②止まらずに最後まで言うことができること
と設定しました

私は
出場した学生が
「私は大勢の人の前で止まらずに最後までスピーチをすることができた!」
という自信を持って
戻ってきてほしいのです

関連記事

コメント

No title

はい。私、けっこう感動しました。

No title

なんだか感動が生まれそうですね~^^
Mちゃんもいいお友達がいてよかったですね~^^

No title

夕顔さん
まさに、事実は小説より奇なりです。
まるで、現実離れした学園ドラマみたいでしょ?!
本人の私だって、思わず笑ってしまいますから。
Pちゃんの登場場面なんか、とくに。いいキャラクターでしょう?!Pちゃん。

No title

はぁー。ハプニング満載ですね^^
不謹慎かもしれませんが、なんだか映画を見ているようです。
MちゃんにもPちゃんにもがんばってほしいですね^^

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

プロフィール

のりちゃん

Author:のりちゃん
Yahoo!ブログから引っ越してきました

アルバム

のりちゃんブログランキング

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

カテゴリ

カレンダー

04 | 2022/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -