FC2ブログ

記事一覧

『土佐日記』の「土佐泊」は高知ではなく「鳴門」にありました

今回、大塚美術館がある鳴門市に来た目的は…
大塚美術館以外に、もう一つありました

大塚美術館の近くに…
土佐泊
というところがあって
紀貫之が書いた『土佐日記』に出てくるのです

『土佐日記』は…
土佐に赴任した紀貫之が
任期を終えて京都に帰京する船旅を綴った作品です

土佐泊は…
土佐…という地名ですから
土佐=高知だと思うではないですか

二十九日。船出だして行く。
(中略)
おもしろき所に船を寄せて、「ここやいづこ」と問ひければ、「土佐の泊」といひけり。
『土佐日記』より引用

「ここはどこ?」と尋ねたら、「土佐の泊」と言った…というんですね~

『土佐日記』を文章だけで読んでいると…
昨日まで土佐(泊)にいたのに
夜中に出航して翌日には和泉の国に到着しているのですね~

三十日。雨風吹かず。「海賊は夜歩きせざるなり」と聞きて、夜中ばかりに船を出だして、阿波の水門を渡る
(中略)
寅卯の時ばかりに、沼島といふ所を過ぎて、たな川といふ所を渡る。からく急ぎて、和泉の灘といふ所に至りぬ。
『土佐日記』より引用

29日に土佐の泊に到着
翌30日の夜中に出航して…阿波の水門を渡り…沼島を過ぎて…翌朝、和泉の灘に到着
「和泉の灘」ですから…
きっと今の大阪府内でしょうね~


旺文社文庫 村瀬敏夫・訳注『土佐日記』より引用

地図を見ると…
たしかに…
土佐泊は…
高知ではないように思われるのですが…
地図を見ながら文章は読まないし…(笑)

というわけで
この辺の『土佐日記』のくだりが
どうも…イマイチよくわからなかったのです

だいたい…
男もすなる日記といふものを、女もしてみむとてするなり。
ではじまる『土佐日記』…

男の紀貫之がこのように書いているワケですから
『土佐日記』は創作部分も多いのです
ですからここも…
土佐泊も創作かぁ
ナンテ思ったりするワケです(笑)


鳴門市のバスの時刻表

鳴門駅前から鳴門公園行のバスに乗って大塚美術館に行きました

途中
土佐泊というバス停があって…

え~
今でも使われている地名なんだぁ


ちょっと興奮でした(笑)

ちなみに…このバスの終点「鳴門公園」で降りると
渦の道に行くことができます

カンケーないですけど…
」というバス停には…何度聞いても笑いそうになりました
「次はです」と言われてもね~(笑)

でも…バス停の名前を眺めるだけでも
歴史のある土地だとわかりますね~


土佐泊

バス停の土佐泊では…だれも下車しないし、だれも乗らないので
バスはバス停で停まりませんでした…が…
舟が停泊しているので…たぶんこのあたりでしょう


土佐泊郵便局

バスが土佐泊バス停を過ぎると
郵便局が見えました


鳴門土佐泊郵便局

その名も…土佐泊郵便局


このへんでコーフンして撮影している乗客は…
私のほかはだれもいませんでした(笑)


『土佐日記』旅程図

紀貫之は
国府に近い高知県の大津を出発して
室津まで行くのですが
この室津から室戸岬越えがなかなかできず
何日も何日も足止めを食います

そしてようやく土佐泊に到着したと思ったら…
すぐに翌日の夜には出航して…翌朝は「和泉の灘」に到着するのです…

土佐泊=土佐だと思っていた私は…
メチャクチャ不自然に感じました(笑)

でも…この土佐泊が鳴門だったら…

鳴門からは和歌山県が見えるほど近いのです


渦の道より撮影


飛島


四国の鳴門から紀伊半島の和歌山県を望む

『土佐日記』の船旅は…
紀貫之の京への旅路は…
京都へと続く本州の陸地を眺めながらの船旅だったんですね~

ちょっと…『土佐日記』のイメージが…変わりました…

=つづく=

つづきのブログ
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

プロフィール

のりちゃん

Author:のりちゃん
Yahoo!ブログから引っ越してきました

アルバム

のりちゃんブログランキング

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

カテゴリ

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -