FC2ブログ

記事一覧

半世紀前の論文探しの小旅行

7月のゼミが終わり…
ほっとしている日々です(笑)

ゼミで論文を提出するので
ゼミまでは論文書きで煮詰まっていて…(笑)
全然ブログアップしていないにもかかわらず…
ナゼカ
Yahoo!から
2日前の訪問者数が上位のためTポイントを進呈します
というコメントが届いてしまい…
何にも書いてないんだけど…
という…よくわからない状況です(笑)

でも…
これで前回のブログのつづきを書く気分になったのです(笑)

前回のブログは…
7月のゼミで提出する論文の資料探しに
立川まで行ったときのものでした

ブログ:国文学研究資料館

論文って
「私はこう思う」
と書いたのでは
ま~~ったく価値がないのですね~(笑)

どこの誰だかわからない=のりちゃんの個人的な意見=ナンテ
それがどうした

って言われそうです(笑)

でも…
「私はこう思う」
と書いて…その前後に
「〇〇博士も論文でこう書いている」
と付け加えると
とたんに
価値有る意見になるのですね~(笑)

今回は…
伊勢物語研究の論文を探しに…
立川の国文学研究資料館まで行きました


伊勢物語の作者は不明なのですが
伊勢物語の作者が紀貫之だと…私の論文に都合がいい(笑)

ちなみに
私の論文は作者・兼好『徒然草』研究です

ナンデ紀貫之なんだぁ
ナンデ伊勢物語なんだぁ
と自分でつっこみます…(笑)

伊勢物語の解説を読むと…
〇〇氏が伊勢物語の作者は紀貫之であると国語国文で発表している
と書いてありました

国語国文ってナニ

ネットで検索してみました

すると…
よくわからないのですが
国文学研究資料館がヒットしました

国文学研究資料館ってナニ

国文学研究資料館に電話してみました

すると
メールで問いあわせてると資料があるか返信できる
というのです

国文学研究資料館って…図書館のようです
行って閲覧の申し込みをすれば誰でも利用できるようです

便利な時代になりましたね~
自分で本棚を探さなくても
自宅に居ながら…資料がみつかるなんて…

さっそくメールを書きました
読みたい論文が3つほどあったので
3つ書いて送りました

その日のうちに返信がきました

3つとも
国文学研究資料館にあるようです

というわけで
立川まで行くことになったのです




国文学研究資料館でコピーした3つの論文

國語國文国語国文の旧字体


ホッチキスでは留まらない厚さです(笑)



手前の束→85枚分

ダブル・クリップでも無理っぽい
うっかり外れるとタイヘン面倒なことになります(笑)

そこで…
針仕事…(簡易?和綴じ)にしました(笑)

古人の知恵って…たいしたもんです(笑)


85枚分のコピーのレシート

3つの論文を…
一度にコピーするのはタイヘンだと思いました

まず…1番重要な論文をコピーしました

金額は…1枚10円
85枚で850円

コピーした本は…
1972年出版=46年前
の…その名も…「伊勢物語の成立と伝本の研究」
700ページくらいある論文の…170ページ分です

厚い本のコピーって
タイヘンなのです

真ん中の綴じ部分をしっかり開かないと
真ん中が黒くなって
字が見えなくなります


本をしっかり開いて

本をコピー機の上にまっすぐおいて

本をしっかり押さえて

本が動かないように注意しながら

コピーのスタートボタンを押す

それを…85回やるのです
本を押さえるのに力が要ります
モチロン立ったままです

1枚のコピーが10秒でできる
としても
かかる時間は…15分
1枚20秒だったら30分

そんなにトントン都合よく進みません(笑)

次はどのページだったかしら
とかの迷いや
ちゃんとコピーできたかの確認も必要です
後で見たら
ページが抜けてる
とか
コピー機からずれて文章がきれてる
とか…

85枚コピーしたら
(たぶん1時間近くかかったと思います)
クタクタで…
帰りたくなりました(笑)

でも…まだ…あと2冊あります

立川まで来たのですから…
また立川まで来るのはカッタルイし…
今日全部のコピーをとりたいものです

何事も…体力ですね~(笑)

85枚コピー疲労の体にむち打ち…(笑)
2冊目&3冊目の論文のコピーを取るページを選びました


2冊分のコピー42枚分のレシート

コピーの申し込みは16時までなので
15時30分頃にはコピーを始めたハズなのですが…
レシートが16時24分…ということは
コチラも1時間近くかかっているようです


2冊目は…1961年=57年前
の論文
コレが国語国文という雑誌に掲載の論文でした
国語国文って…京都大学の論文発表の雑誌のようです

3冊目は…
コレもホントは1957年=61年前
国語国文に発表の論文なのですが…
このころの漢字って旧漢字なんですね~
読みづらくって
読みづらくって

で…同じ博士の本を探すと
1968年=50年前
出版の単行本がありました
1968年出版の本は当用漢字だったので
コチラをコピーしました

こうして…
半世紀以上前の論文を探しに…
立川の国文学研究資料館まで出向き…
古い本の山(=本棚)の中から…半世紀以上前の論文を探し出し
無事
コピーを持ち帰ることができたのでした

ナンダカ宝探し
のようで
ちょっと
スティーブンソンの『宝島』のような気分でした…(笑)


スティーブンソン
イギリスの小説家




関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

プロフィール

のりちゃん

Author:のりちゃん
Yahoo!ブログから引っ越してきました

アルバム

のりちゃんブログランキング

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

カテゴリ

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -