FC2ブログ

記事一覧

ミャンマー旅行⑫(ミャンマー人のタイへの出勤方法)の話

ミャンマーとタイの国境には
モエイ川という小さな川が流れています
対岸のタイのメソートの町では
たくさんのミャンマー人が働いていました

さて
その毎日の通勤手段なんですが・・・

これです・・
この「デカ浮き輪」で
ミャンマー人はタイへ
毎日出勤していました


写真向って右側がミャンマー、左側がタイです

このパラソルが料金所のようです
料金を聞くと
1000チャット(30バーツ…90円くらい)です



船頭さんはお客をのせます
午前中と午後では川の流れが違うのか
まさか干満があるわけではないと思うのですが
操縦方法(?)が違っていました

午前中は手漕ぎです
この姿勢しんどそう・・



乗客も慣れたもんで
服がぬれないように上手に乗っています



午後は、船頭さんは乗らずに引っ張っていました



さて・・
対岸のタイに着きましたよ




乗客が降ります
すると
船頭さんは浮き輪を上陸(?)させます



で、
エンヤコラ運びます
浮き輪もこのくらいデカければ
結構重いと思います・・・


後ろには国境に架かる橋が見えます

「お待たせ~」
お客さんが待つところに行きます



どうやら
川は流れているので
出発した場所の真向かいに到着しないのですね・・
だから
浮き輪が到着したところから出発すると
どんどん川を渡る場所が変わってしまうので
浮き輪を移動させているようです
つまり出発場所は同じ場所で
タイ側から出発すると
ちょうどミャンマー側の料金所付近に到着するようになっていました

積み残されて、乗れなかった人たちが待っています
なかなか繁盛(?)しています



この越境場所はこんなところにあります


こちらはタイ側です
軍人はタイ人です
もちろんタイの軍人にも見えているはずですが
黙認のようです
それなら
安く橋を渡らせてあげればいいじゃない・・
と思ってしまいます・・

マレーシア・シンガポール間は
外国人とマレーシア人・シンガポール人用のImmigrationが別になっていて
マレーシア人・シンガポール人は
まるで定期券を見せるように身分証明書を見せるだけで通過しています
ここもあんな風にすればいいのに・・
と思ってしまいました
これが平和度の違いなんでしょうね~

と言うわけで
たくさんのミャンマー人が
あの「デカ浮き輪」で
毎日「タイへ出退勤」しているようです
私が毎日通ったコーヒーショップの女の子もそうでした
小さい川とはいえ
あの浮き輪で暗闇を渡るのは危険です
暗くなる前に
タイの国境の町のほとんどのお店が
閉まってしまう理由がわかりました

・・・つづく・
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

プロフィール

のりちゃん

Author:のりちゃん
Yahoo!ブログから引っ越してきました

アルバム

のりちゃんブログランキング

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

カテゴリ

カレンダー

09 | 2021/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -