FC2ブログ

記事一覧

ミャンマーのごはん屋の話

ミャワディーのImmigrationの前には
大通りがあります
その大通りの左右にある路地を歩くと
そこかしこに
こんな「ごはん屋」がありました



ここもそうです
お客がいます



なんとなくフィリピン…セブ島を思い出す光景です
この鍋のなかのものを
私は絶対に食べて帰ろうと思っていました

4~5人の男性が食べている「ごはん屋」の前で
立ち止まると
「座れ、座れ」
と声がかかりました
もう椅子はいっぱいだったのですが
30代の男性の横にムリヤリ座りました
座るとすぐに
お皿によそったごはんが出てきました

私が隣に座った男性は英語ができるようです
英語で、
「どのカレーがいい?」と聞いてくれました
私はミャンマー人のローカルごはんが食べたかったので
「あなたはどれが好き?」と聞きました
一瞬ビックリした様子の彼は
すぐ理解したようで
「ローカルカレーがいいのね」
と言ってチキンカレーを注文してくれました

店のおばちゃんが
鍋からカレーを小皿によそってくれました




チキンカレーが出てくると
次はカットきゅうりが出てきて
次はわけのわからないおかずが出てきて



スープも出てきました
これで終わりかとおもったのですが・・



このあとも
次々と
おばちゃんは小皿が出そうとします
・・・?
あわてて
「もう、いらない」
のゼスチャーをしました

バリ島でもそうでした
どっさり小皿が出てきて
食べた分を請求されるのですが
外国人の場合
「コレとコレは食べない」
とハッキリ言わないと
お皿全部の代金を請求されてしまいます

やばい・・

隣の男性は
私の気持ちを察してくれて
「大丈夫。とても安いよ。
これだけで1000チャットだよ。30バーツだから。」
と言いました
私はあわてて財布を見ました
もう500チャットしかありません
バーツ、バーツ…と小額のバーツを探していると
隣の彼は
「僕が払ってあげるよ」
と私の分まで払ってくれました (^^ゞ
どうやら
そこにいた人たちは彼の「連れ」だったようで
彼らの分も全部
彼が払っていました

彼は
「僕はもう行くけど、ゆっくり食べて・・」
と言い残して去っていきました
カ~コイイ~!(^^)!
(シマッタ…顔はよく覚えていません・・)

実は私・・・
こういうこと、よくあります

お金に関しては悪名高いベトナムでも
ビアホイという生ビールを一人で飲んでいると
ベトナム人がやたらと声をかけてきました
当然ベトナム語!!で
私は一言もわからないのに彼らは平気です
男性も女性もです
次々質問をしてきます
で、
彼らが店を出るとき
その中の男性が私の分まで払ってくれるのです
10日くらいのベトナム滞在中、3回はありました

マレーシアでもそうでした
ビールの高いマレーシアで
まあ…イスラム教徒がビールを飲んでいるのも変ですが
「飲め、飲め」と缶ビールを何本も開けてすすめられ
(開けられたら飲まないと・・・)
帰る時は、お店の女の子に私のホテルまで送るよう
頼んでくれました(徒歩です)

こういうことがあると
とってもうれしい・・・
暖かい気持ちになります
「タダだった」という意味だけではなく・・

で、
味のほうは・・

全体的に塩味?が強い感じでした
カレーも塩味が前面に出た煮こみのようで
日本人の思う「カレー粉」の味は
あまりしませんでした
生野菜(きゅうり)につけるソースも
唐辛子の辛さは少なく
大根とかの煮こみ料理は
ハッキリ言ってまずかったです
スープが1番おいしかった・・・

結論としては
タイ料理のほうがおいしい!!
でした
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

プロフィール

のりちゃん

Author:のりちゃん
Yahoo!ブログから引っ越してきました

アルバム

のりちゃんブログランキング

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

カテゴリ

カレンダー

09 | 2021/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -